Alaris が中小企業向けの情報キャプチャエコシステムを拡大

E-series Hero Scanner

ニューヨーク州ロチェスター、2019 年 4 月 4 日 – コダックアラリスの事業部 Alaris は、紙ベースの情報のデジタル化、ビジネスプロセスの自動化、自宅やオフィスでの生産性向上を簡単かつ低コストで可能にする、次世代の情報キャプチャソリューションを発表しました。Alaris E1000 シリーズスキャナーは、受賞歴のある IN2 Ecosystem に最近追加された強力なソリューションであり、クラス最高のドキュメントスキャナー、イメージングソフトウェア、Alaris パートナーのグローバルネットワークから提供されるサービスが組み合わされています。大型デバイスの機能性すべてを、コンパクトなデスクトップスキャナーに集約した Alaris E1025 と E1035 スキャナーは、小規模オフィス/ホームオフィス、受付デスク、ワークグループなどの環境に適しています。

このコンパクトで動作が静かなスキャナー は、お客様の環境にシームレスに統合できる適合性、ワークフローの合理化と最適化を可能にし、ビジネスアプリケーションからワンタッチ操作で直接スキャンできる優れた操作性、優れた画質、用紙処理、情報精度を実現する最適な結果を提供します。生産性を向上する機能として、10 秒以内に起動してスキャンを開始できる機能や、高速処理などが提供されます。E1025 モデルでは、スキャン速度が最大毎分 25 ページ (ppm)/50 枚の画像 (ipm) であり、E1035 モデルでは、それぞれ 35ppm/70ipm です。セットアップが容易で、ユーザーはすぐにスキャンを開始できます。また、Alaris スマートタッチソフトウェアを使用して、ネットワークからクラウドに至るまで、既存のビジネスプロセスやアプリケーションと連携できます。

Alaris E1000 シリーズスキャナーには 1 年間の保証が付いており、お客様は専門スタッフによる修理/メンテナンスサービスを利用して、アップタイムと生産性を最適化することもできます。

驚異的な画質と精度
元の原稿がどのような状態であっても、組み込みのパーフェクトページテクノロジーを使用すれば、すべてのページの画質を大幅に最適化して、より正確な情報の抽出を可能にできます。多くの場合、元の原稿よりも高い画質でスキャンできます。新しい E1000 シリーズスキャナーではまた、バーコード読み取り機能が標準でサポートされています。

多用途のメディア処理機能により、柔軟性を強化
Alaris E1000 シリーズスキャナーでは、クラス最大の 80 枚の自動ドキュメントフィーダー (ADF) を備えています。また、優れた紙送り機能を提供します。Alaris 独自のインテリジェントドキュメントプロテクション機能では、「音」で異常を検知し、紙詰まりや給紙エラーを事前にユーザーに通知します。これにより、貴重な原稿を保護し、効率性をさらに高めることができます。さまざまな用紙サイズや重量に対応したスキャンが可能であり、オプションのフラットベッドを使用すれば、スキャナーの機能がさらに拡張されます。

パスポートアクセサリとリーガルフラットベッドアクセサリを使用することで、さまざまな原稿タイプを柔軟にスキャンできます。パスポートアクセサリを使用した場合、パスポートのスキャンを 2 秒未満で完了できます。リーガルフラットベッドアクセサリを使用することで、フォルダー、書籍、破損しやすい原稿など、リーガルサイズまでの特殊な原稿をスキャンできます。

ソフトウェアおよびサービス
Alaris のスキャナーとソフトウェアは連携するように設計されています。E1000 シリーズには、Alarisスマートタッチソフトウェアが付属します。これは、簡単なワンタッチ操作が可能であり、スキャンの簡素化、ドキュメント取得の高速化、生産性やコラボレーションの向上を実現します。スマートタッチ機能により、多くの手順を伴う煩雑なスキャンプロセスが必要なくなります。また、直観的なアイコンベースのインターフェイスを使用して、適切な情報を適切な場所に容易に転送できます。ユーザーは、個々のスキャンニーズに合わせて最大 9 個のさまざまな機能を設定できます。これにより、スキャンしたドキュメントを自動的にメールに添付したり、画像のみ、またはサーチャブル PDF ファイルを作成したり、複数のファイル形式で原稿をスキャンしたりできるほか、Microsoft Office、Adobe Acrobat、Microsoft SharePoint、クラウドなどにドキュメントを送信することもできます。

また、Alaris キャプチャプロソフトウェアを使用することで、生産性をさらに高め、ワークフローを自動化できます。

「情報キャプチャから複雑さをなくすための Alaris の継続的な投資の一環として、デスクトップスキャンの最新の技術革新を発表できることを嬉しく思います」と話すのは、コダックアラリスの事業部 Alaris の社長兼本部長 Don Lofstrom 氏です。「S2000 シリーズスキャナー、Alaris キャプチャプロソフトウェア、Alaris プロフェッショナルサービスなどの、すでに確立された Alaris ブランドのソリューションを基盤として、新しい E1000 シリーズスキャナーはパートナーやエンドユーザーの皆様に大きな価値をもたらすことができるものと期待しています。我々は引き続き、お客様やパートナー様の声に耳を傾け、自動化、接続性、ひいては業務拡大を促進するようなインテリジェントなソリューションを市場に投入していきます。」

詳細については、Alaris のウェブサイトをご参照ください。

コダックアラリスの事業部 Alaris について
Alaris は、ビジネスプロセスを簡素化する情報キャプチャソリューションの先進的なプロバイダーです。弊社は、数十年のイメージサイエンスの革新がもたらした、スマートで接続されたソリューションを提供し、情報を理解するための支援を世界的に行っています。弊社の受賞歴を誇るスキャナー、ソフトウェア、サービスは、弊社のチャネルパートナーネットワークを通じて世界各地で販売されています。詳細については、AlarisWorld.com にアクセスするか、@AlarisWorld をフォローしてください。

© 2019 Kodak Alaris Inc. TM/MC/MR: Alaris
使用されているすべての商標および商品名は、各権利保持者の所有物です。コダックの商標及びトレードドレスはイーストマンコダック社の許可のもとに使用しています。

広報担当
Jonathan Ghent
渉外部ディレクター
コダックアラリスの事業部 Alaris
jonathan.ghent@kodakAlaris.com
(585) 279-0102