Info Input Solution

より迅速かつスマートで安全性の高いWebベースの紙とデジタル文書のキャプチャ

プロセスを改善し、ワークフローを活性化

 

Kodak Info Input Solution によって、オフィスとリモートの両方でより迅速なキャプチャと情報へのアクセスが可能になります。 Info Input Solutionは、Webおよびモバイルに対応したキャプチャアプリケーションであり、部署および企業全体で定期的にスキャンを行うスタッフが容易に実装および使用できます。 リアルタイム表示、バーコードによるインデックス作成、データベース検索、およびドキュメント分割により高速スキャンを提供します。 カスタマイズ可能なインターフェイスを使用して、ドキュメントが検証され適切な場所に自動的に転送されます。 永久使用許諾オプションに加えて、1 年間の契約として利用可能です。

主な利点

なぜ Info Input を使用するのか? 以下のような利点があります。

あらゆる場所で。 間違いなく。

ビジネスに不可欠な情報を携帯電話およびモバイルデバイスアプリでスキャンし、ドキュメントを直ちにビジネスアプリケーションに取り込みます。

精度と合理化されたワークフローをキャプチャ

スピードと精度のためにクラウドエンジンを使用した高度なインデクシングおよび専門的な抽出 (OMR/ICR/OCR)

ビジネスシステムとの速くて簡単な統合

お客様の既存インフラ、一元管理された機能、プラットフォームを問わない一貫したジョブセットアップと連携

プロダクションおよび分散スキャン両方の環境のためのブラウザベースのプラットフォーム

Web ベースのキャプチャソリューションとして、ドキュメントが直ちにスキャンされ、組織内で共有できます。 Info Input により、モバイルまたはスマートデバイスのアプリおよびデジタルファイル(電子メールなど)を経由して、1 つのアプリから場所を問わず組織全体にスキャナからの容易な情報キャプチャが実現できます。

ユーザーのできること:

  • 帯域幅が小さいまたは Web 接続のない場合でも生産性を維持
  • ドキュメントを 24 時間、生産性を失うことなくドキュメントを安全にローカルに保存
e-series scanner in home office
Alaris Info Input Express

場所を問わずアクセスできる

リモートおよびオンサイトユーザーは、多数のプラットフォーム、多数のブラウザ、および TWAIN 対応スキャナ、Android および iOS モバイルデバイス、および MFP をはじめとした多数のデバイスから Info Input にアクセスできます。

  • 直感的でわかりやすいユーザーインターフェイスは、最小限のトレーニングしか必要とせず、お使いのビジネスアプリケーションからボタン一つ押すだけの簡単スキャンでエラーを減らします。
  • 複数のシステムを習得する必要はなく、画面の切り替えによる時間の無駄も排除。

信頼性の高い情報、世界クラスのサポート

Info Input Solution は、最初のスキャンで有効で、完全な情報をキャプチャできるようにします。 選別またはバーコードでスキャンした後の正しい処理をするためのドキュメントタイプを決め、スクリプトを検証し、ビジネスルールを施行するための管理者にとっての柔軟性を確保するために複数のデータベース検索を実施することができます。

Kodak Alaris Info Input
Info Input Advanced Form Designer

インテリジェントかつ効率的にキャプチャおよびインデックス付け

高度なインデクシングおよび専門的な抽出などのインテリジェントな機能により、情報をより速くビジネスプロセスに取り込むことができます。

  • パワフルなイメージ調整ツールにより、スキャンのスキューを補正し、コントラストを調整すること等によりイメージ品質が向上します。
  • インデクシングプロセスをセットアップして、ドキュメントから主要データを自動的に抽出し(バーコード、OCR、ICR、またはOMRを使用)、処理時間を短縮することができます。 
  • ファイルを異なるバッチにドラッグアンドドロップ 
  • バッチステータスのモニタリングを有効にして、詳細を確認し重複を防止

オプションの Advanced Form Designer モジュールは、インデクシングおよびインデックス検証の目的に使用できます。 データ入力画面が、元のドキュメントのように見えるように設計できるようになったため、インデクシンググリッドに入力するのでなく、フォーム自体にインデックス情報を入力したり検証したりすることができます。 注文伝票および健康保険申請書などのドキュメントの多数のページにある多くのインデックスフィールドまたはインデックスデータをキャプチャする場合に役に立ちます。

エンタープライズまたは組織全体にデプロイおよび管理するのに効率的

Info Input には物理的なインストールが必要ないため、セットアップ、メンテナンス、およびソフトウェアのアップデートの節約ができます。すべては、 Web ブラウザ経由で一元管理してデプロイされます。 どのようなプラットフォームまたはデバイスが使用されているかに関わらず、利用可能なワークフロー/出力で一貫したジョブセットアップおよび設定を提供します。 お客様の既存のインフラを使用してセットアップするのは簡単で、エンタープライズコンテンツ管理、エンタープライズリソースプランニング、ビジネスプロセス管理、ワークフローの各ソリューションに接続可能です。

  • ODBC 対応データベースまたは区切り文字付き ASCII ファイルにエクスポート
  • ファイルを異なるバッチにドラッグアンドドロップ 
  • 新しいプロジェクトを短時間でデプロイし、Kofax などその他の最新システムからジョブセットアップを素早くインポート
colleagues around a computer
classification and extraction screen

選別 & 抽出

Info Input は、ドキュメントクラスとフォームタイプを自動的に割り当てることができるオプションの選別および抽出モジュールを提供し、ドキュメントの準備の際にドキュメントをソートしたりドキュメントセパレーターシートに差し込む必要なくドキュメントのセパレーションとインデックスデータの抽出を実行します。

  • チェックボックスの回答(はい/いいえ、既婚/独身など)などの書式から情報を正確にキャプチャするための光学式マーク読み取り (OMR) インデクシング
  • 機械で印刷した文字をキャプチャするためのOCR 文字認識機能 (OCR) および構造化書式などの手刷りおよび手書き文字をスキャンおよび変換するためのインテリジェント文字認識 (ICR)。 Kodak Alaris のお客様が追加で OCR/ICR エンジン (Nuance エンジン) を購入する必要がありますが、Microsoft、Amazon、または Google のいずれかからクラウドエンジンを購入することもできます。
  • 構造化書式上のデータが位置を変え、毎回正確な位置にない場合のための高度な抽出。 データはドキュメントの複数ページに抽出できます。

成長し、将来の必要性を引き受ける

どのような組織も、キャプチャソリューションおよび統合についての将来の保証の柔軟性から恩恵を受けることができます。 Info Input は、単一の部署から複雑で高容量のエンタープライズ要件に至るキャプチャの必要性とともに成長します。

  • 1 つのサーバーで何千というユーザーをサポートし、何十億というページを処理することができます。
  • システムのアップグレードを即座に何千というユーザーに推し進めます。
  • SQL Server および Oracle Database サポートの両方
  • Windows、Linux オペレーティングシステムに対応

仕様

情報入力バッチ

Info Input Solution アプリケーションサーバー用システム要件: 

CPU
  • 最小要件は、2GHz のデュアルコアです。
  • 大容量システムの構成では、@ = 2.5+ GHz の 4 コアまたは旧式/低速 CPU の 8 コアが推奨されます。
  • エンドユーザーが Info Input Solution HTML クライアントを使用する場合、サービス/プロセスをサポートする HTML に追加の CPU が必要です。 ハードウェア仕様は、使用事例と推定負荷によります。
  • Info Input Solution Classification and Extraction サーバー側のエンジンがジョブワークフローで使用される場合、Info Input Solution Core サービス/プロセスに追加の CPU が必要です。 ハードウェア仕様は、使用事例と推定負荷によります。
  • 仮想環境における Intel VT-x / VT-d や AMD V / Vi などの機能は、プロセッサによるサポート、マシン上でアクティブ化、仮想化製品で有効化、そして仮想マシン用にアクティブ化されている必要があります。
メモリ
  • 最小メモリサイズは、4GBです。
  • 高容量のシステムに推奨されるメモリサイズは、8 GB です。
オペレーティングシステム
  • WINDOWS Server 2012 / 2016 / 2019
  • Red Hat 7 / 8
ディスク
単一サーバーインストール: 推奨される構成は、サーバーに物理的にインストールまたは専用高速ストレージエリアネットワーク(SAN)経由でエクスポートされた専用ディスクアレイ(RAID 5 または RAID 10)です。 最小構成は、サーバーに物理的にインストールまたは SAN 経由でエクスポートされた単一のディスクです。

クラスタインストール: 専用 NAS(Network Attached Storage)ユニットの構成が推奨されます。これはアプリケーションサーバーの OS にネイティブなファイルシステムを使用しており、専用高速ネットワーク経由でサーバーに接続されます。 最小構成は、サーバークラスタ内のすべてのノードで使用できるNASです。
ネットワーク
単一サーバー: 外部ストレージを使用する場合、推奨の設定は、HTTP、データベースおよびストレージのトラフィックのための別のネットワークです。 すべてのネットワークは、少なくとも 1 Gb 必要であり、すべてのノードはスイッチを通じてネットワークに接続する必要があります。 低容量システム向けの最小設定は、単一の 1 Gb ネットワークです。

サーバークラスタ: 単一サーバー推奨設定に加えて、クラスタの推奨設定は、クラスタハートビートおよびクラスタノード HTTP トラフィックへのリバースプロキシのために追加のネットワークを提供することです。 低容量システム向けの最小設定は、単一の 1 Gb ネットワークです。

 

Info Input Solution アプリケーションサーバー用ソフトウェア要件: 

データベース
  • SQL Server 2014 / 2016 / 2017 / 2019
  • Oracle 11.2 / 12.1 / 18c / 19c

インストーラーに同梱のデータベース: インストール時に SQL Server 2017 Express の新規インスタンスをインストールすることを選択した場合、オペレーティングシステムは以下の最小要件を満たす必要があります。

  • SQL Server 2017 インストーラーが自動的に Microsoft .NET Framework 4.6 をインストール/有効化します。
  • Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 は、.NET Framework 4.6 をインストールする前に KB2919355 が必要です。

詳細については、Microsoft の Web サイトで、SQL Server 2017 をインストールするためのハードウェアおよびソフトウェアの要件を参照してください。


Info Input Solution HTML クライアントを実行しているユーザーワークステーション向けのシステム要件: 

オペレーティングシステム
  • サポートされるすべての Windows OS バージョン (Windows 8.1、10、Server 2012、2016 および 2019)
Web ブラウザ
  • 現在のすべての Web ブラウザがサポートされています: Google Chrome v40+、MS Edge、MS Internet Explorer v11、Mozilla Firefox 40+、Mozilla Firefox ESR 40+、Apple Safari (Mac OS)。 


 

Info Input Solution クライアントを実行しているユーザーワークステーション向けのシステム要件: 

オペレーティングシステム
  • サポートされるすべての Windows OS バージョン (Windows 8.1、10、Server 2012、2016 および 2019)
  • サポートされるすべての Mac OS バージョン。 
Web ブラウザ
  • 現在のすべての Web ブラウザがサポートされています: Google Chrome v40+、MS Edge、MS Internet Explorer v11、Mozilla Firefox 40+、Mozilla Firefox ESR。 
  • Info Input Solution クライアントアプリケーションも、Java プラグインをサポートしている Web ブラウザから提供されます: MS Internet Explorer (v8 ~ v11 まで)、Mozilla Firefox (v3.6 ~ v51 まで)、Mozilla Firefox ESR (v52 まで)。 この場合、Java Runtime Environment バージョン 8、32-bit および 64-bit も必要です。 

 

Info Input Transactional

CPU
最小要件は、2GHz のデュアルコアです。

  • 大容量システムの構成では、@ = 2.5+ GHz の 4 コアまたは旧式/低速 CPU の 8 コアが推奨されます。
  • エンドユーザーが Info Input Solution HTML クライアントを使用する場合、サービス/プロセスをサポートする HTML に追加の CPU が必要です。 ハードウェア仕様は、使用事例と推定負荷によります。
  • Info Input Solution Classification and Extraction サーバー側のエンジンがジョブワークフローで使用される場合、Info Input Solution Core サービス/プロセスに追加の CPU が必要です。 ハードウェア仕様は、使用事例と推定負荷によります。
  • 仮想環境における Intel VT-x / VT-d や AMD V / Vi などの機能は、プロセッサによるサポート、マシン上でアクティブ化、仮想化製品で有効化、そして仮想マシン用にアクティブ化されている必要があります。
メモリ
最小メモリサイズは、4GBです。
高容量のシステムに推奨されるメモリサイズは、8 GB です。
ライセンスサーバー
サポートオペレーティングシステム: WINDOWS Server 2008および2012 RHEL 5と6のすべてのバージョン
ユーザークライアントシステム
  • サポートオペレーティングシステム: WINDOWS 7、8、8.1、10、Server 2003、2008、2012オペレーティングシステムのすべてのバージョン。
  • サポートされるブラウザ: Internet Explorer(v8以降)、Firefox(v3.6以降)、Opera(v11以降)。 Info Input Solutionは、Webブラウザ経由でWeb Startアプリケーションとして提供されます。これは、Javaプラグイン(MS Edge、Google Chromeなど)をサポートしていないブラウザを含め、あらゆるWebブラウザから起動できます。
  • Javaランタイム環境(32ビット)バージョン6(v1.6.0_18以上)、7および8
  • アラビア語ユーザーインターフェイス&ラバーバンドOCRは、Java 7以降でのみ使用できます

仕様は予告なしに変更される場合があります。

評価と受賞歴

BLI 2017

Buyers Lab Winter 2017 Pick Awards

Read Article (PDF)

BLI LOY 2020

BLI Scanner Line of the Year 2020

Read the Article

ご購入方法

Kodak Alaris の製品(スキャナー、ソフトウェア、サービスを含む)は、世界各地の販売代理店から提供されます。 最寄りの販売店をお探しの場合は、フォームに入力して送信ください。弊社担当者からご連絡を差し上げます。

ご送信いただきありがとうございました。 早急にご連絡を差し上げます。
送信エラー