iMedX と Kodak Alaris の連携によりリモートコーディングソリューションに移行する病院

他に何が必要ですか?

フォームに記入し、完全な洞察を表示します。

ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。 当社のインサイトをご覧ください。

事業計画概要

Kodak Alaris は iMedX Australia & New Zealand と提携し、臨床コーディングをオフサイトで実施できるように紙ベースの病院に対してリモートコーディングソリューションを提供しています。 病院はこのソリューションにより、COVID-19 の感染拡大が余儀なくした病院スタッフに対する事業継続計画の要件を満たすことができます。

背景

iMedX は、医療従事者が臨床文書、分析および収益循環管理(RCM)を管理するのをサポートする世界的な専門サービスグループです。 RCM サービスとしての臨床コーディングは、iMedX の専門的な臨床コーダーが該当する患者のドキュメントをコード化するサービスの一部です。 一般的に、紙ベースの医療記録を持つ病院にとっては、記録にアクセスして役割を果たすためにはこれらのコーダーが現場になければなりません。 このコード化プロセスは、医療従事者が公共又は民間の支払人に請求できるようにするためのものです。

現在の状況

COVID-19 感染拡大の結果、オーストラリアの公共および民間病院はウイルスの感染のリスクを低減し、患者への臨床リスクを減らすために患者に対面しない病院のすべてのスタッフの現場からの解任を考慮することを余儀なくされました。 コーディングサービススタッフは、このグループに含まれていました。ただし紙を基本とする病院はリモート臨床コーディングを円滑に進めることができませんでした。

その後、病院のスタッフはスキャンまたはコーディングソリューションを持っていないのに関わらず、突然リモートで記録をコード化する手段が必要になりました。

パートナーシップ成功の目的

iMedX は、お客様が効率的に処理できるようにドキュメントを簡単にスキャンして電子形式で納品する機能を提供する手段を要求しました。iMedX はスキャナーハードウェアの販売に重点を置いていないため、病院が既存のドキュメントキャプチャデバイスを活用できることが重要でした。

これらのドキュメントは、専用の臨床コーディングプラットフォームの認可を受けた臨床コーダーを介してリモートで処理する必要がありました。 病院のお客様についても、民間および公共の保健制度への請求によって収益が達成されると、これを実行することが必要でした(iMedX 臨床コーダーにより実施)。

ソリューション

iMedX と Kodak Alaris は連携して、オンサイトスキャンおよびリモートコーディングの両方に対応したエンドツーエンドのソリューションを提供するために取り組みました。 このソリューションは、要求から 48 時間以内に設置できました。

Kodak Info Input Solution は、iMedX が病院向けにリモートで業務を継続できるようにするためのソリューションとして提供されました。

Info Input Solution は、iMedX がリモート処理するための基本的なインデックス作成およびエクスポートを実施する前に病院管理スタッフがファイルを直接スキャンおよび/またはドラッグアンドドロップできる Web ポータルを提供します。

iMedX は iCodeX を作成しました。これは、リモートで臨床コーディングを実施するための特注のアルミニウムオーバーレイソリューションです。 本ソフトウェアは、Info Input を使用してスキャンしたドキュメントを検索し、iMedX Clinical Coder が実行できるようにタスクを作成します。

    仕組み
  1. 病院のスタッフは、ネットワーク内のスキャナーに接続するために HTML クライアントを使用して Info Input Solution にアクセスまたはファイルを直接アップロードします。 これにより、病院のスタッフはドキュメントをキャプチャ、インデックス付けおよびエクスポートすることができます。
  2. Info Input は、スキャンした医療記録を iCodeX に自動的かつ安全に転送します。
  3. 次に、iMedX Coder にはクラウドポータルを介してコーディングおよび安全にアクセスするための特定の記録が割り当てられます。

iCodeX は、ドキュメントを物理的に送付することなくオフサイトコーディングを実行したい病院に提供するために開発されました。

ドキュメントをオンサイトでスキャンしてリモートの場所まで送信する必要のある他の医療機関との機会があるかも知れません。 この例において、機会は COVID19 の状況から生まれたものですが、医療従事者の事業継続計画がこのような種類の感染拡大に十分備えられるように支援するためにこれらのソリューションを実施するきっかけとなる可能性があります。 もう一つの方法として、記録をデジタル化する前に外注の臨床コーディングサービスからの恩恵を受けることを選択したプロバイダーには紙の記録を提供できます。

お客様への効果

iMedX は、急速に感染拡大する COVID-19 の状況に対応して紙ベースの病院に対するリモートサービスとして臨床コーディングの機能を提供することができるようになり、COVID-19 の制限が解除された後もサービスとしてリモート臨床コーディングを提供し続けます。

iMedX はさらに、単なるハードウェアメーカーに収まることなく、既存のインフラストラクチャと連携するスキャンソリューションをお客様に提供できるようになりました。

これにより、以前は利用できなかったオフサイトサービスを利用できる遠隔地/地方の病院のより大きな顧客ベースにアクセスすることができます。 iMedX サービスを利用している現在の紙ベースの病院も、公的および民間の保険制度で引き続き請求書を発行しキャッシュフローを維持できるため恩恵を受けます。

関連ソリューション

Alaris Info Input Express

Info Input Solution

  • エンタープライズ規模の大企業のお客様に最適
  • ビジネスアプリケーションとの統合
  • モバイルモジュールのオプション
Alaris Capture Pro

Capture Pro ソフトウェア

  • 紙を多用するビジネスでの用途に最適
  • ECM システムとの広範囲にわたる統合
  • ネットワークモジュールおよびインポートモジュールが利用可能
smart touch

Smart Touch Technology

  • ワンタッチのシンプルさで複雑な複数の手順のスキャンプロセスを排除
  • 特定のスキャンニーズに合わせて最大20の異なる機能を設定
  • ドキュメントをファイルの場所または一般的なクラウドサービスに簡単にスキャン

お問い合わせ

Alarisの情報管理製品、サービス、サポートは世界中で利用可能であり、リセラーを介して販売されています。 

お近くのリセラーを見つけるには、(+81) 3-5577-1920にお問い合わせいただくか、以下の情報リクエストフォームにご記入ください。リセラーからお客様にすぐにご連絡を差し上げます。

ご送信いただきありがとうございました。 早急にご連絡を差し上げます。
送信エラー