キャプチャプロソフトウェア:機能、オプション、仕様

大量の紙ベースのドキュメントを、ビジネスで使用できる高画質の画像に迅速かつ正確に変換します。

Capture Pro について

自信を持って、情報の抽出とインデックス作成を行う


正確なキャプチャを自動的に検証するテクノロジーにより、スキャン後のやり直しを回避できます。インテリジェントな例外処理では、必要な署名などの情報の欠如を直ちに検出します。インテリジェントな品質管理機能では、不審な情報があれば自動的に通知されるため、これを確認できます。


プロセスの整合性を確保


安全にキャプチャし、ビジネス全体で情報を共有できます。高品質のイメージングにより、ビジネスアプリケーションで使用できる正確なデータを取得できます。組織全体でジョブセットアップを共有することで、インデックス作成や転送の標準的なルールを維持できます。ローカルワークステーションにKodakキャプチャプロソフトウェアをインストールすれば、インターネット接続がなくても、これを使用できます。

効率的なドキュメントの分離


インテリジェントなジョブ選択機能により、スキャン前の手動によるドキュメントの仕分けにかかる時間を短縮できます。大量のバッチスキャン中に、再使用可能なパッチシートを使用して、ジョブやプロファイルを自動的に切り替えることができます。


自動的な情報の転送


ECMシステム、SharePoint、セキュアなFTPに情報を直接送信できます。インテリジェントなバーコード読み取り機能を使用すると、バーコードの読み取り、データの抽出とインデックス作成、情報を必要とする場所への迅速かつ正確な転送を容易に行うことができます。

連携のために最適化


IN2 Ecosystemは、ドキュメントスキャナーとキャプチャソフトウェアを併用する際に威力を発揮します。キャプチャプロは、多様なメーカーのスキャナーとシームレスに動作するため、既存の投資を活用しながら、新しいデータキャプチャソリューションを構築して、ビジネスワークフローを向上させることができます。

キャプチャプロソフトウェアのオプション

Kodakキャプチャプロは、拡張可能かつ柔軟であり、ビジネスに合わせて拡大できます。デスクトップスキャンから、専用の大容量処理に至るまで、お客様のビジネスに適したソフトウェアのエディションをご確認ください。


キャプチャプロソフトウェア(ライトバージョン)

  • 利用開始からすぐに生産性を実現できます。このソフトウェアは、Kodak Alarisの多数のスキャナーに付属します
  • 容易な単一バッチでのスキャン生産性
  • フルバージョンのキャプチャプロに簡単にアップグレード可能
  • 16言語に対応したGUIと、126のOCR言語のサポート
  • ネイティブのSharePoint接続

キャプチャプロソフトウェア(フルバージョン)

  • 大容量の業務に向けて最適化
  • 毎分最大210ページのスキャンが可能であり、複数の原稿バッチを迅速に高画質の画像に変換できる
  • 重要なデータをキャプチャしてインデックスを付け、データベースやアプリケーション、ユーザーに自動的に配信
  • ECMシステムおよびMicrosoft SharePointに正確な情報を取り込む
  • ワークフローやプロセスを効率化
  • 既存の永久使用許諾オプションに加えて、1年間の契約として利用可能(自動インポートエディションでのサービスとしては、ご利用いただけません)

キャプチャプロソフトウェアネットワークエディション

  • 企業全体のデータをキャプチャして、処理
  • ネットワーク上の任意の場所に設置された複数のキャプチャ/インデックス作成ステーションを1か所で管理
  • リモート管理とバッチ監視を活用
  • 自動インポートを利用できるほか、複数のワークステーションをリンク可能。その他多数の機能を利用可能

キャプチャプロソフトウェア自動インポートエディション

  • MFPやネットワークフォルダなど、さまざまなソースからファイルを容易にインポート
  • スキャン済み画像で使用できるものと同じイメージング、インデックス作成、出力の各機能を利用可能
  • サービスとしてシステムを実行し、オペレーターが不要

パートナーインテグレーション

Kodakキャプチャプロは、多くの他のシステムとシームレスに動作します。以下の独立系ソフトウェアベンダーと統合されており、追加のソフトウェアコンポーネントをインストールすることなく、キャプチャプロを構成する方法について説明されています。

DocFinity

DocFinityは、Kodakキャプチャプロとシームレスに統合されています。設定を有効にするだけで、キャプチャプロからの送信データが、選択した区切り文字を使用して、DocFinityに自動的にインポートされます。その結果、DocFinityに直接記録を迅速にインポートし、処理、取得、管理、アーカイブを可能にする洗練されたソリューションが実現します。

言語:英語
URL:http://www.docfinity.com

DocFinityのロゴ

この統合は、DocFinityによって提供されます

SoftExpert

キャプチャプロは、SoftExpert Excellence SuiteのBPMおよびECMソリューションのフロントエンドとして認定されています。追加のプラグインやソフトウェアをインストールする必要はありません。管理者は、ジョブセットアップを構成するか、事前構成済みのキャプチャプロジョブセットアップをダウンロードしてインポートするだけで済みます。PDFには、2つのソリューションを統合するためのステップバイステップの指示が記載されています。

「Scan to SE Suite」という事前構成済みのジョブセットアップを使用すると、オペレーターはドキュメントをスキャンして、事前定義されたフォルダに出力できます。SE Suiteに入力できるインデックスフィールド値を含むXMLファイルが付属します。「Scan to SE Suite」機能は、ECMおよびBPMの両方のSoftExpertソリューションで認定されています。

SoftExpertは、多様なビジネスアプリケーションの需要のモデリング、実装、実行、制御、監視を統合する最先端のソリューションを提供します。BPMソリューションにより、ビジネスプロセスの可視性と制御が強化され、組織全体の継続的なプロセス向上が促進されます。この統合されたソリューションでは、モデリングや最適化から、自動化、実行、監視まで、組織のライフサイクルのあらゆる段階を管理します。

言語:英語およびブラジルポルトガル語

URLhttps://www.softexpert.com/ext/kodak-integrated-softexpert.zip

SoftExpertのロゴ

この統合は、SoftExpertによって提供されます

UiPath

Capture Pro to UiPath Orchestratorにより、キャプチャプロソフトウェアとUiPathジョブキューの直接的な統合が可能になり、ホットフォルダの必要性を排除し、事前にインデックス化されたデータをボットに入力することができます。その結果、ホットフォルダを回避し、キャプチャ時点でのデータの確認を可能にする、より高速かつ安全で、エラーが発生しにくいスキャンワークフローを実現することができます。

キャプチャプロのUiPathコネクタを使用すると、最高のキャプチャソリューションをUiPathボットと直接かつ安全に統合して、効率的な自動化ビジネスワークフローを創造できます。

言語:英語
URLhttps://connect.uipath.com/marketplace/components/alaris-capture-pro-to-uipath-orchestrator
Kodak Alarisグローバルアライアンスパートナー、UIPath
この統合は、Kodak AlarisのKodak Alarisプロフェッショナルサービスによって提供されます。

仕様

ワークステーション/クライアントソフトウェア


以下は、スタンドアロンのキャプチャプロワークステーション、およびネットワークエディションのクライアントワークステーションにおけるシステム最小要件です。

  • 2.8 GHzのCPU
  • 2 GBのシステムメモリ(4 GBを推奨)
  • 1 GBの空きディスク容量
  • Microsoft .NET Framework 4 Client Profile
  • Microsoft .NET Framework 4 Extended

注記:

  • ソフトウェアが正しく動作するには、.NET Framework 4(Client ProfileおよびExtended)の完全なパッケージがコンピューターにインストールされている必要があります。ソフトウェアは Microsoftのウェブサイトから無償でダウンロードできます。.NET Framework 4 Client Profileのみがコンピューターにインストールされている場合([コントロールパネル]>[プログラムと機能] で確認可能)、キャプチャプロは正常にインストールされますが、スキャナーを選択した後に起動しません。
  • 新しいバッチへのスキャン中に、同じPCでサーチャブルPDF出力を生成する場合、PCにデュアルコアプロセッサが搭載されていることが推奨されます。

このバージョンは、以下のWindowsオペレーティングシステムで認定されています。

  • Windows 7 Professional、Enterprise、またはUltimate(32ビット) - SP1
  • Windows 7 Professional、Enterprise、またはUltimate(64ビット) - SP1
  • Windows 8(8.1を含む)Professional、Enterprise(32ビット)
  • Windows 8(8.1を含む)Professional、Enterprise(64ビット)
  • Windows 10 Professional、Enterprise(32ビット、バージョン1903、1909、2004、20H2、21H1)
  • Windows 10 Professional、Enterprise(64ビット、バージョン1903、1909、2004、20H2、21H1)

サーバー:

  • Windows Server 2012 Foundation、Essentials、またはStandard(64ビット)
  • Windows Server 2016 Essentials、Standard、またはDatacenter(64ビット)
  • Windows Server 2019

ネットワークエディションサーバー


 管理ライセンス、出力サーバー、およびリモートバッチ管理用のサポートサービスなど、すべてのサーバーベース製品用にサポートされているオペレーティングシステム:

  • Windows Server 2012 Foundation、Essentials、またはStandard(64ビット)
  • Windows Server 2012 R2 EssentialsまたはStandard(64ビット)
  • Windows Server 2016 Essentials、Standard、または Datacenter(64ビット)
  • Windows Server 2019

キャプチャプロネットワークエディションサーバーソフトウェアは、以下のホスト仮想環境における使用(ハードウェアキーまたはドングルなし)が認定されています。

  • VMware ESXi 5.5で実行されるWindows Server 2012(初回リリースおよびR2)
  • Microsoft Hyper-V 2012 R2で実行されるWindows Server 2012(初回リリースおよびR2)
  • VMware ESXi 6.xで実行されるWindows Server 2016 Datacenter

Batch DatabaseからSQL Serverへの切り替えは、以下でテスト済み:

  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2016
  • SQL Server Express 2012
  • SQL Server Express 2016

自動インポートエディション


「ワークステーション/クライアントソフトウェア」のセクションで指定されているサポート環境に加えて、キャプチャプロ自動インポートエディションでは、以下のホスト仮想環境における使用(ハードウェアキーまたはドングルなし)が認定されました。

  • VMware ESXi 5.5で実行されるWindows Server 2012(初回リリースおよびR2)
  • Microsoft Hyper-V 2012 R2で実行されるWindows Server 2012(初回リリースおよびR2)

自動インポートサービスインストーラーは、次のサーバーオペレーティングシステムで認定されています。

  • Windows Server 2012 Foundation、EssentialsまたはStandard(64ビット)
  • Windows Server 2012 R2 EssentialsまたはStandard(64ビット)
  • Windows Server 2016 Essentials、Standard、またはDatacenter(64ビット)
  • Windows Server 2019

SharePointのサポート

キャプチャプロソフトウェアのSharePointインデックスセットアップウィザードは、次のSharePoint環境で認定されています。

  • SharePoint 2007
  • SharePoint 2010
  • SharePoint 2013
  • SharePoint 2016
  • SharePoint 2019

対応スキャナー


キャプチャプロソフトウェアでは、Kodak Alaris製スキャナーに加えて、多数のメーカーのスキャナーをサポートしています。サポート対象スキャナーの詳細リストをご覧ください。詳細については、サポート対象スキャナーのページをご覧ください。


  • Server 2012 Foundation、Essentials、またはStandard(64ビット)
  • Server 2012 Foundation、Essentials、またはStandard(64ビット)

評価と受賞歴

KM World 2019

KMWorld Trend-Setting Product 2019

Read the Article

連絡先

お問い合わせは、下記の情報リクエストフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

Kodak Alarisのプライバシーポリシーを見る