/ 記事 イメージングテクノロジー:CIS と CCD

イメージングテクノロジーを評価する方法をご確認ください。単一のコンポーネントよりも、システム全体で提供される画質が重要である理由をご確認ください。

他に何が必要ですか?

フォームに記入し、完全な洞察を表示します。

ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。 当社のインサイトをご覧ください。

新しいドキュメントスキャナーをお求めの場合、市場にある多種多様なスキャナーオプションの数に驚かれることでしょう。多種多様な製品があれば選択肢が増えますが、パフォーマンスにインパクトを及ぼすオプションや仕様を選択することが困難にもなります。

画質は、正確な情報キャプチャとイメージの信頼性向上を実現する上で、最も重要な考慮事項の 1 つです。しかし、多様なスキャナーが市場にあり、それぞれがさまざまな(多くの場合は自社開発の)テクノロジーを活用している状況を見ると、個々のシステムコンポーネントに重点が置かれているようです。ただし、業務用スキャナーのニーズを満たし、最高の画質を実現できるかどうかは、個々のコンポーネントの仕様ではなく、むしろシステムパッケージ全体、そしてその連携方法に左右されます。

画質に最も大きな影響を与えるドキュメントスキャナーの要素は何でしょうか?

まず、イメージ処理に使用される原画像の画質が優れていることが必要です。つまり、イメージャーのタイプを考慮する必要があります。これらを比較する際には、考慮するべき要素が複数あります。電荷結合素子(CCD)イメージセンサーが一般的な従来の選択肢ですが、これが密着イメージセンサー(CIS)よりも優れているという主張は、もはや受け入れられなくなっています。

10 年以上前であれば問題になったかもしれませんが、現在では、お客様向けに最適な画質を実現するために、イメージャーのタイプが大きな役割を果たすことはなくなりました。現代の CIS テクノロジーには、優れた信頼性と技能、スキャン速度、信号対雑音比、イメージング均一性、ジオメトリの精度、カラーの信頼性とレジストレーション、解像度の機能が備えられています。旧世代の蛍光灯チューブが LED ライトに置き換えられ、向上はしなくとも、同等の画質が可能になっています。

このようなテクノロジーの進化は現在、あらゆるサイズや機能のスキャナーで提供されており、非常に高い画質、信頼性の高いパフォーマンス、これまでにない全体的な顧客価値の向上が可能になっています。さまざまなイメージングテクノロジーの詳細や、次に購入するスキャナーを評価する際にシステム全体で提供される画質を考慮する必要がある理由を確認するには、ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

お問い合わせ

Alarisの情報管理製品、サービス、サポートは世界中で利用可能であり、リセラーを介して販売されています。 

お近くのリセラーを見つけるには、(+81) 3-5577-1920にお問い合わせいただくか、以下の情報リクエストフォームにご記入ください。リセラーからお客様にすぐにご連絡を差し上げます。

ご送信いただきありがとうございました。 早急にご連絡を差し上げます。
送信エラー