/ 記事 ペーパーレスの調剤処理とそのメリット

ペーパーレスの調剤処理とそのメリット

他に何が必要ですか?

フォームに記入し、完全な洞察を表示します。

ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。 当社のインサイトをご覧ください。

すべての業界の組織はペーパーレス化の恩恵を受けることができますが、製薬業界では、デジタル化がより大きな利害関係を持っています。毎年少なくとも160万件の予防可能な医療過誤が発生しているなかで、ペーパーレス化は、リソース、時間、お金を節約するだけでなく、患者の健康と安全を促進することにもつながります。

世界中の薬局ですでに使用されているペーパーレスプロセスのいくつかと、それらが薬剤師と患者にどのように利益をもたらしているかを見てみましょう。

薬局のワークフローは、多くの場合、処方箋を書くことから始まります。

ほとんどの人は医者から手書きの処方箋を受け取ったことがあるのを覚えているでしょうが、紙の処方箋は廃れて長い時間が経過しています。この変化は、メディケア処方薬が初認されたことにより2003年に始まり、医療提供者および薬剤師が電子処方箋 (あるいは、e-処方箋) を自発的に使用できるようになりました。

個々の州では、それ以来電子処方箋に関する法律の通過が始まりました。2015年までは、規制物質に対するe-処方箋は米国の50州すべてで合法であり、間もなく全州の半分が規制物質に対するe-処方箋を必須要件にします

e-処方箋に対する最新の動きは、処方薬の盗難、偽造、および移動を抑えることによりオピオイドの流行と戦おうとしていることです。2014年の研究では、薬剤師が処方箋情報を手書きしたりスキャンする必要がないためe-処方箋は効率を高め、処方ミスと医療費を減らすことも判明しています。

送信方法は様々ですが、現在、約60%の処方箋が電子的に送信されています。電子メールやファックスなどスタンドアロンシステムの一部として送信される電子処方箋もありますが、現在、多くのものは薬局の総合的な電子医療記録システムに統合されています。

ペーパーレス薬局管理システム

処方箋が薬局に届いたら、薬剤師が処方箋を正確に、効率的に、および規制上のコンプライアンス要件に従って実行するには数多くの業務が必要です。多くの薬局は、これらの業務等を合理化するために現在、ペーパーレス薬局管理システムを使用しています。

薬局管理システムは、有する機能および作動の仕方という観点で様々ですが、一般的に以下のものを提供します。

  • ワークフローおよび在庫管理
  • 処方箋処理
  • クレームの調整
  • 処方箋自動記入
  • 売掛金の処理
  • メディケアおよび企業保険の調達
  • 患者の薬剤アドヒアランスソリューション
  • 薬剤同期ソリューション
  • 電子事前認可ソリューション
  • 自動化された第三者給付調整
  • 安全性のチェックおよび処方箋の確認
  • 販売時点管理機能
  • 薬局と患者の通信ツール

最も優れた薬局管理システムは、既存の電子医療記録 (EHR) システムに統合することもでき、薬剤師は医療提供者が提供した時点で患者情報にアクセスできます。

これらの薬局のプロセスをすべてデジタル化することには、数えきれないほどのメリットがあります。患者が正しい処方箋および用量の受け取りとともに患者の利便性、電子的な通知の受け取りと処方箋の更新が確実にできるようになったことについて言えば、恐らく最も重要なのは説明責任および安全性の向上です。

薬剤師が必要なすべての情報を検索することなく直ちにアクセスできるため、電子的な薬局のワークフローもまた、より整っており、効果的で、効率的です。さらに、薬局には物理的なコピー形式でオンサイトに保険、患者、およびその他の情報を保管しておく必要がなくなった場合、かなりのスペースを節約できます。保護医療情報 (PHI) もまたデジタルの場合は安全に保護するのが容易であり、薬剤師は保持しておく必要のなくなった機密文書をシュレッダーにかけることについて心配する必要はありません。

関連項目:医療記録のスキャンにHIPAAが与える影響

ペーパーレスの医薬品教育

医師によって書かれ、薬剤師によって履行された後、処方箋は最終的に患者の手に渡ります。この最後のステップは、ペーパーレス化に関して最も改善の余地があります。

州の薬局協会は、薬局が調剤されたすべての処方箋の薬剤情報を患者に提供することを要求しています。多くの薬局は、この情報を紙の形式で提供する必要があると考えてますが、そのような要件は存在しません。デジタル形式で薬剤情報を提供することも同様に実行可能です。

薬局は、紙(および紙に使われるお金)を節約するという明らかな利点だけでなく、紙ベースの薬剤情報はヘルスリテラシーを促進しないため、デジタル形式への切り替えを検討することをお勧めします。FDAによると、平均的な印刷された医薬品教育リーフレットは、患者が医薬品を正確に使用するために必要な情報の約50%しか提供していません。そして、Journal of General Internal Medicineの研究では、提示された10の一般的な処方ラベルの指示のうち1つ以上の解釈を間違えている患者が79%もいるため、その情報の多くはとにかく伝わっていません。

もちろん、患者がそもそも教育シートを読んでいないことが問題ではありません。調査によると、患者の25%未満が読んでいます。ほとんどの薬剤師は、薬局を出る途中でどれほど多くの患者が薬剤情報をゴミ箱に捨てているのか、または全く受け取らないのかを痛感しています。

幸いなことに、デジタル教育ツールにはより良いオプションがあります。1つのオプションでは、患者がスマートフォンを使用して処方箋のQRコードをスキャンします。これにより、通常の医薬品教育コンテンツとわかりやすい教育ビデオが表示されます。薬剤師がしなければならないのは、患者に切り替えの選択肢を与えることだけです。

このような簡単な切り替えにより、薬剤師は紙の使用量を削減し、患者のヘルスリテラシーを大幅に向上させ、介護施設への入所、入院、さらには早死などの不履行の問題を防ぐことができます。

薬局をペーパーレスにする

まだペーパーレスになっていない薬局は、ペーパーレス化することによりペーパーレスの処方箋に始まりペーパーレスの薬剤情報で終了するまで明らかに多くのものを得ることができます。開始するには、ファックス、薬局管理システム、およびデジタル教育ツールを含む適切な装置とソフトウェアに投資することが必要です。

もちろん、ペーパーレスをまさに開始しようとしている薬局は、既存の書類をデジタル形式に変換する必要もあり、すべての薬局は時々発生する避けることのできない紙の書類を処理する必要があります。これらのタスクについては、効果的なドキュメントスキャナーが必要になります。

Kodak Alarisは、業界の厳格な規制に従う一方で、薬局のドキュメントスキャンの必要性のすべてを満たすためのスキャンソリューションを提供しています。 当社のスキャナーは、主要なすべての電子機器による医療記録 (EMR) ベンダーによりテストおよび認証されており、HIPAA、有効利用、およびHL7を含むヘルスケアおよび医薬品コンプライアンス要件をすべて満たしています。

米国内の何百という医療提供者は、すでにペーパーレス化するためのAlarisスキャナーを使用しています。詳細については当社にお問い合わせいただき、ご参加ください。

関連ソリューション

Kodak Alaris s2080 Desktop Scanner

S2060wスキャナー

  • 最大60枚/分(カラー/白&黒)
  • マルチユーザー対応のためのネットワーク機能とワイヤレス機能を追加
  • 大型のカラータッチスクリーンによるパーソナライズされた宛先
i3250 Scanner

i3450スキャナー

  • 最大90枚/分  (カラー/白黒)、A3スキャナー
  • 様々な原稿に対応できる統合ブックエッジA4フラットベッドを搭載
i4850_Scanner-angle-375x250

i4850スキャナー

  • 最大150枚/分(カラー/白黒)、A3スキャナー
  • 重送検知、排紙コントロール
  • 最大125,000枚/日

連絡先

お問い合わせは、下記の情報リクエストフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

Kodak Alarisのプライバシーポリシーを表示するには、ここをクリックしてください


連絡先

お問い合わせは、下記の情報リクエストフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

Kodak Alarisのプライバシーポリシーを表示するには、ここをクリックしてください