/ 記事 パスポートスキャンでIDを効率的にチェック

セキュリティがヘッドラインからかけ離れることはありません。本人確認と不正防止のオプションを把握してください。

パスポートスキャナーは、カスタマーエクスペリエンスを損なうことなく、IDを安全にスキャンします。

IDチェックと認証:効率を高める機会

セキュリティが今日のヘッドラインからかけ離れることはありません。新しい規制の導入、個人データの使用方法、ますます増加する強化されたIDチェックの必要性など、リスクに関する対話はかつてないほど大きくなっています。

絶えず進化する脅威は、セキュリティにゴールがないことを意味します。これに対応するために、組織はより優れたデータ認証方法とより高度な不正防止策を採用しています。パスポートスキャンは、ID検証がよりスマートになる方法の1つです。

大きな課題は、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供しつつ、安全を維持する方法です。セキュリティが強化されると、多くの場合、お客様に負担がかかります。処理時間を圧迫することなく不正防止ソリューションを実装し、リスクを軽減できる組織は、競合他社との差別化を図っています。

身元の証明

パスポートは、個人の身元を確認し、重要なデータを確認するために広く使用されている方法です。洗練された特注システム、および生体認証チェックを含む複数の認証方法を使用する国境管理を考えてみてください。ホテルにチェックインする場合でも、世界の多くの地域でパスポートを渡す必要がありますが、警備が厳重な建物やエリアでは、アクセスを許可する前に身元確認を行うことがよくあります。

ビジネス取引の一環としての出入管理か身元確認かにかかわらず、このようなチェックは非常に重要です。場合によっては、法律で義務付けられています。たとえば、銀行やその他の金融サービスプロバイダーは、マネーロンダリング防止の慣例に従うことが法的に義務付けられており、人事担当者は、個人が国内で働く法的権利を持っていることを確認するために特定のチェックを実行する必要があります。

パスポートをすばやく確認してスキャンする機能は、さまざまな業界に幅広いメリットをもたらします。その好例として、ユナイテッド航空のモバイルアプリはパスポートをスキャンしてリモートチェックインを迅速化しました。EasyJetはそのアプリに新しいパスポートスキャン機能を組み込みました。これはパスポートと乗客の搭乗券を視覚的に照合する従来の方法よりも効率的なプロセスです。

規制によるメリット

規制要件は、消費者および市民認証の明らかな推進力です。たとえば、米国の顧客識別プログラム(CIP)では、銀行、貯蓄組合、信用組合、および連邦政府によって規制されていない特定の銀行に、合理的かつ実行可能な範囲で各顧客の身元を確認するためのリスクベースの手順を含めるよう求めています。手順によって、銀行は各顧客の本当の身元を知っているという合理的確信を形成できるようにする必要があります。パスポート認証であれば、これをすばやく簡単に実現できます。

興味深いことに、規制がパスポートスキャンソリューションの採用を推進している一方で、組織は単に規制を遵守するよりも大きな成果を得ています。特にパスポートを含むすべてのドキュメントを1つのプロセスでスキャンする場合、時間の節約と管理手順の改善によってさらなるビジネス価値を実現できます。たとえば、ドキュメントがデジタル化されたときに認証することで、事務員がコピーを取るためにその場を離れる必要がなくなります。これはより迅速で安全なソリューションです。提出されたドキュメントにIDを含めると、後の承認プロセスがスピードアップし、データの処理やスキャン後の処理が減るため、生産性、正確性、使いやすさ、データセキュリティも向上します。

これは、今日の複雑なデータ環境が、ハードウェアとソフトウェアの連携を必要とする情報キャプチャへの統合アプローチをどれほど必要としているかを浮き彫りにします。Alarisパスポートフラットベッドアクセサリを使用すると、組織はパスポートを簡単にスキャンできます。パスポートをスリーブに挿入したり、スキャナーの自動ドキュメントフィーダー(ADF)に押し込んだり(強制的)する必要はありません。またそのような貴重なドキュメントはスキャン中に常に表示されるため、お客様に安心感を与えます。このテクノロジーにより、ビザ申請に関する米国政府の厳しい規制に従ってパスポートをスキャンすることもできます。中でも注目すべき点は次のとおりです。

  • 画像はPDFファイル形式である必要があり、パスワードで保護してはなりません。
  • 元の物理的なドキュメントに見られるすべてのテキスト、画像、マーク、およびシールをはっきりと表示できる解像度である必要があります。

Keypoint Intelligence - Buyers Labは、パスポートやその他のデリケートなドキュメントをスキャンする革新的なアプローチに対して、Alarisパスポートフラットベッドアクセサリーを評価しました。「Alarisパスポートフラットベッドアクセサリーを使用すると、ユーザーはパスポートをプラテンに置くだけで、残りはデバイスが処理してくれます」と、Keypoint Intelligence - Buyers Labのソリューション分析担当ディレクターであるJamie Bsales氏は述べています。

「Alarisパスポートフラットベッドアクセサリーは、パスポートだけでなく例外ドキュメントも処理できるため、たまにしか使用されない可能性のあるパスポート専用のスキャナーに投資したくないお客様には最適です。さらに、オペレーターはスキャン後すぐにお客様のパスポートを返却できるため、デバイスの詰まりやパスポートの損傷について心配する必要もありません」と彼は付け加えました。

Protivitiによる最近の研究によると、組織は、今後12か月にわたって、リスクの特定と管理により多くの時間とリソースを費やす予定であると表明しています。これを負担と見なすのではなく、この関心の高まり(特にパスポート認証による)が、生産性、自動化、および有効性を構築する機会として考える時です。これは、お客様、市民、組織のいずれにとっても利点があります。

パスポートスキャンに関する詳細については、ここをクリックしてください。

連絡先

お問い合わせは、下記の情報リクエストフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

Kodak Alarisのプライバシーポリシーを表示するには、ここをクリックしてください


連絡先

お問い合わせは、下記の情報リクエストフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

Kodak Alarisのプライバシーポリシーを表示するには、ここをクリックしてください