/ 記事 企業がサステナビリティの目標を達成するために、ドキュメントスキャナーがどのように役立つか

紙ベースの記録やワークフローをデジタル化することで、廃棄物や資源の消費を削減できます。

環境におけるサステナビリティは、世界中のビジネスプランニングや業務において重要な重点事項となりました。

KPMGの実施した2020年の調査結果によると、世界の大手企業250社(G250)のうち、96%が、さまざまな指標を使用してサステナビリティにおけるパフォーマンスを報告するようになっています。社会および環境をより考慮したビジネスへの移行によって、環境・社会・ガバナンス(ESG)基準と呼ばれる企業投資ガイドラインも提唱されるようになりました。

企業は、サステナブルかつ社会的に責任のあるビジネス慣習について透明性を高めており、ESGのようなガイドラインによって、利害関係者や投資家は企業が世界に及ぼす影響をより容易に評価できるようになっています。ESGおよび他のサステナビリティプログラムにより、長期的には企業のサステナビリティ目標達成に向けて貢献できる、具体的なテクノロジー上の意思決定を行うチャンスが促進されています。

ドキュメントスキャナーでは、このような取り組みにおいて重要な役割を果たしています。

例えば、ドキュメントスキャナーをビジネスワークフローに組み込むことで、企業は紙の使用量や無駄を大幅に削減できます。ハードコピーのドキュメントをスキャンすれば、新しいデジタルフォーマットを容易に他者に配布できます。すでに印刷された情報にアクセスできるようにするために、紙のコピーを作成する必要は、もはやありません。

さらに、紙のドキュメントを印刷して複製する必要性を軽減することで、多量のエネルギーを節約できます。インクやトナーの使用量が削減されることで、財務的コストだけでなく、環境への影響にも大きなメリットがあります。ビジネスリーダーらが、サステナブルな方法で製造されたスキャナーを選択し、使用済みのハードウェアに関する責任のあるリサイクル方法に準拠することも重要です。

紙と印刷サプライの使用量を削減する

紙は環境に大きな影響を及ぼしています。毎年伐採される材木の量だけでなく、木材を小売用に加工し、後になって破棄された紙を処分するためには、莫大な量のエネルギーを要します。2018年、環境保護庁(EPA)は、地方自治体の固形廃棄物の大部分は紙と段ボールであり、報告される総量の約4分の1を占めていることを確認しました⧉

EPAはまた、毎年約3億7,500万個ものトナー/インクカートリッジが廃棄され、埋め立て処理の対象になっていると指摘しています。カートリッジには、ハードプラスチックが使用されており、重金属で補強されているため、環境に特に有害です。また、インクやトナーは、土壌に浸透すると有害であることが知られている化学物質を含有しています。このような材料の使用を軽減するために、あらゆる取り組みを行うことで、測定可能な環境への貢献が可能になります。

ペーパーレスへの移行によっても、企業は多大なコストを削減できます。また、業務のセキュリティ、効率性、管理を維持するためにも有効です。

省エネに取り組む

ペーパーレスのワークフローに移行することで、長期的には電気使用量やコストを大幅に削減できます。プリンターでドキュメントを印刷する方が、コンピューターを稼働させ続けるよりも、多くのエネルギーを消費します。

エネルギー使用量計算ツールによると、一般的なインクジェットプリンターでは、印刷に約30~50ワットの電力を必要とし、スタンバイモードでは3~5ワットを必要とします。しかし、企業は通常大型プリンターや大型の多機能デバイスを使用しており、これらでは印刷時に約300~500ワットの電力、スタンバイモードでは約30~50ワットの電力を消費します。

オフィスプリンターは、使用していない間にもエネルギーを消費しています。企業は通常、特定ドキュメントのコピーを複数作成するため、1つのドキュメントに多量の電力が消費されます。この非効率性を排除することは、ペーパーレスに移行し、スキャナーを使用して重要な企業ドキュメントをデジタル化することで可能です。

Kodak Alarisスキャナーが、企業のサステナビリティ向上を支援する方法

企業責任を重視し、環境に配慮した意思決定を行う企業が提供する、ドキュメントスキャナーや他の製品を選択することが重要です。2019年、Kodak Alarisは、2015年に開始された5年環境プランの進捗確認を完了しました。弊社の実績には、製品ライン全体における高レベルのEPEAT®認証が含まれます。

EPEATおよびENERGY STAR認証スキャナー

弊社では、すべてのドキュメントスキャナーサービスで、サステナブルな再生材料を使用しており、弊社の製品は電子製品環境評価(EPEAT®)およびENERGY STAR®の認証を受けています。ドキュメントのスキャンにKodak Alarisを選ぶことで、お客様は環境に配慮した意思決定が常に可能になります。

EPEATは、グリーンエレクトロニクス評議会が管理する世界規模の評価システムであり、電子製品の環境におけるパフォーマンスや、設計や製造の段階から、エネルギー使用やリサイクルに至る全ライフサイクルを審査します。

EPEAT基準では、ブロンズ、シルバー、ゴールドでランク付けを行います。Kodak Alarisは、合計33種のスキャナーでEPEAT登録を完了しており、2019年の時点で100%がシルバーの基準を満たし、2021年の時点で12台のスキャナーがゴールドの基準を満たしています。これは、業界における他の製造業者をしのいでいます。

責任のある使用済み製品サイクルの慣習

サステナブルな意思決定は、機器が古くなり、機能しなくなった場合にも必要になります。使用済み(EOL)ハードウェアに関する責任のあるリサイクル慣習を実施することは、健全な環境を維持するために不可欠です。Kodak Alarisでは、サステナブルな製品を設計することで、お客様がより環境に配慮した方法でビジネスを行えるように支援し、業界内の他の企業が同様の取り組みを行うようにインスピレーションを与えています。

機器、バッテリ、梱包材を対象とした環境に優しい廃棄物管理は、主要な優先事項となっています。Kodak Alarisは、欧州連合で発案され、法制上関連している、廃電気電子機器指令(WEEE) および特定の有害物質の使用の制限(RoHS)の両方に準拠しています。

機器、バッテリ梱包材の処理を弊社がどのように行っているかについて、詳しくは弊社の廃棄物管理ページをご覧ください。

政府組織や企業の担当者の方、あるいは個人で使用する高パフォーマンススキャナーをお探しの方は、Kodak Alarisでは、環境に配慮した製品管理を優先させ、すべての個人や組織がサステナビリティの目標を達成できるように支援していることに確証を持っていただけます。

サステナブルなビジネス上の意思決定を行う方法、およびKodak Alarisによる支援について詳しくは、以下の情報を使用するか、以下のフォームをご利用になることで、弊社までお問い合わせください。

サービスとサポート: 1-800-525-6325
セールスに関するお問い合わせ:1-800-944-6171
電子メール: Contact-Us@kodakalaris.com

他に何が必要ですか?

フォームに記入し、完全な洞察を表示します。

ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。 当社のインサイトをご覧ください。

関連ソリューション

Kodak S3100 scanner

S3100 スキャナ

  • 最大100枚/分 (カラー/白黒)、A3スキャナ
  • 堅牢な設計および機能
  • 最大30,000枚/日
Kodak S3100f scanner

S3100f スキャナ

  • 最大100枚/分 (カラー/白黒)、A3スキャナ
  • 例外ドキュメント用の統合ブックエッジA4フラットベッド
Kodak S3120 Scanner

S3120 スキャナ

  • 最大120枚/分 (カラー/白黒)、A3スキャナ
  • 堅牢な設計および機能
  • 最大35,000枚/日

連絡先

お問い合わせは、下記の情報リクエストフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

Kodak Alarisのプライバシーポリシーを見る